top of page

求人インタビュー

株式会社カプコン 

株式会社カプコンは、1983年に創業したゲームコンテンツを核とするエンターテインメント企業です。
デジタルコンテンツ事業では、コンシューマーゲームやPCゲーム、モバイルゲームの開発・販売を行っています。中でも、モンスターハンターやストリートファイターなどの人気シリーズは、世界中で多くのファンを獲得しています。
IP事業では、ゲームコンテンツを原作とした映画やアニメ、音楽CD、キャラクターグッズなどのライセンスビジネスや、eスポーツビジネスを展開しています。

カプコンの基本理念は、「ゲームというエンターテインメントを通じて『遊文化』をクリエイトし、人々に『笑顔』や『感動』を与える『感性開発企業』となること」です。
この理念に基づき、カプコンは、世界中の人々に愛されるコンテンツの創出に取り組んでいます。

本日は、知的財産部のチーム長お二人にインタビューをさせていただきました。

著作権チーム チーム長 保田様

​特許チーム チーム長 川上様

1. 会社の強みを教えていただけますか

川上様:モンスターハンター、バイオハザード、ストリートファイターなど、ゲームを知らない人でも知っているようなIPを複数保有しており、そういった長い間愛されるようなIPが育つ環境にあることが強みでしょうか。

保田様:映画化などもしていることから、ゲームをプレイしない人にも認知度が高い点も強みです。

2. 部門(チーム)の業務内容や体制を教えてください

川上様:特許チームでは、特許の出願や調査などの基本的な業務ももちろん行うのですが、それだけではなく、どんなことをすれば会社の利益に繋がるのかを日々、考えながら仕事をしています。

例えば、ゲーム会社の主役は開発部門であって、そういった部門へのサービス部門として、何をしてあげることが製品の質を上げることに繋がるのかなどでしょうか。

保田様:著作権チームは、ゲーム開発の初期段階から関わり、ゲーム内のコンテンツチェックからゲーム発売後の侵害対策まで、開発・事業部をサポートする仕事をしています。 常にビジネスに寄り添い、開発・事業部の利益や会社の利益に貢献できるように、体験価値の高い知財サービスを社内で提供しています。

川上様:また、体制としては大阪が中心ですが、東京にも人員を配置しています。

3. どんな人材を求めていらっしゃいますか?

保田様:著作権チームは、柔軟な考えをお持ちで、楽しく仕事をする意欲のある方を求めています。 ゲーム開発者と話をすることが多いため、ゲーム、アニメなどの知識・興味があり、協調性とコミュニケーション能力がある方を希望しています。

 

川上様:特許チームでは、特許業務の基本的な知識や経験がありつつ、チーム内外でコミュニケーション能力を発揮できる人材を求めています。

また、「知財部の枠を打ち破る」ことも目的の一つであるので、柔軟性のある働き方ができる方を希望しています。

4. やりがいについてお聞かせください

川上様:特許発明のやりがい……ありきたりですが、販売されるゲームタイトルに関わることができることでしょうか。

また、当社の開発部門には熱意をもって開発されている方ばかりなので、その熱意を間近で感じられるのも醍醐味ではないかと思います。

保田様:著作権チームのやりがいは、ゲーム開発に関わる仕事ができることです。ゲームのエンドロールに名前が載ることもあります。

弊社はグローバル企業で世界を相手に仕事ができるため、やりがいだけでなくキャリア育成につながると思います。

5. チームの雰囲気

​保田様:どちらのチームも仕事は真摯に取り組んでいますが、趣味のことや最近興味を持った事などざっくばらんに話せる和気あいあいとしたチームです。​

6. チームとしての方向性・めざすもの

川上様:知財部の枠にとどまらず、知財の力でもって会社利益を追求していけるような知財部でありたいと思っています。

​保田様:知財の力で弊社のブランド価値を上げていきたいです。また、知財をクリエイトする知財デザイナー集団として「次世代型知財部」を目指していきたいと考えています。

7. 転職希望者へのメッセージ

保田様・川上様:少しでも興味があったら、ぜひ一度、お話させていただきたいです。

株式会社カプコン掲載求人

特許チーム

著作権チーム

求人参加予定イベント

2024/1/30  19:15

知財系求人求職フェア #30

パテサロスペース https://patesalo.ovice.in

bottom of page